最近の法律改正

受動喫煙防止対策の義務

受動喫煙防止のための法律改正が行われ、令和2年4月からはすべての事業者が対象となります。

法律改正の趣旨は、①「望まない受動喫煙」をなくす、②受動喫煙による健康影響が大きい子供、患者などに特に配慮、③施設の類型・場所ごとに対策を実施するです。国及び地方公共団体の責務が決められ、事業者も、従業員に対する受動喫煙対策を講ずる義務が生じ、求人の際も受動喫煙防止のための取り組みを明示する必要があります。