安全衛生、メンタルヘルス対応


平成26年度から平成28年度までに、次のような安全衛生法の改正があります。


”心の病”が大きな社会的問題になっており、50人以上の事業場では平成27年12月から「ストレスチェック」の実施が義務化されます。




心の健康問題で休業した労働者の「職場復帰の指針」が、厚生労働省から示されています。