障害年金をもっと詳しく


 

障害年金を請求するためには、初診日から1年半経過日あるいは傷病が治った(症状が固定した)日に、日本年金機構の定める「障害認定基準」に該当する必要があります。


児童扶養手当(ひとり親家庭の生活の安定と自立のために市町村から支給される手当)を受給している方は、平成26年12月から障害年金の子の加算額が児童扶養手当を下回る場合は、その差額分の児童扶養手当を受け取りようになりました。